カテゴリ

第二の仕事人生

取材地域

検索結果:131[ 1 - 10 / 131 ] [1]  < 前の10件  1  2  3  4  5   次の10件 >  [14]

国家公務員(事務)経験談

竹馬に乗って仕事の中央官庁時代。裸足で地面に立って何ができるか?

カテゴリ

国家公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員から公務員(系)へ

取材エリア

関東

お名前

鶴光太郎 様

経歴

東大理学部卒
→国家公務員上級数学職合格
→経済企画庁入庁
→OECD出向中のまま退職
→霞が関の研究所のフェローとして勤務しながら内閣府非常勤スタッフに登用。

関連サイト

http://www.rieti.go.jp/users/tsuru-kotaro/
東大理学部卒→国家公務員上級数学職合格→経済企画庁入庁→OECD出向中のまま退職→霞が関の研究所のフェローとして勤務しながら内閣府非常勤スタッフに登用。

いったん霞が関を去りながら、違うかたちで復帰を果たした鶴光太郎さんです。官→民→官の「出戻り」の可能性を考える上で大変参考になるインタビューです。

東大理学部卒→国家公務員上級数学職合格→経済企画庁入庁→OECD出向中のまま退職→霞が関の研究所のフェローとして勤務しながら内閣府非常勤スタッフに登用

―なぜ公務員になったのです…

その他公務員 経験談

国は頼れない。最後に頼れるのは自分だけ。自衛官から起業へ。

カテゴリ

その他公務員 経験談

第二の人生

公務員からの独立・起業

取材エリア

関東

お名前

中田浩二(仮名) 様

経歴

2005年 航空自衛隊に入隊(奉職)
→ 2012年 7月末 退職
→ 2012年 アルバイト兼自営業(起業準備継続中)
航空自衛隊に幹部候補生として入隊の後、起業のため退職されました中田さんのインタビューです。


-本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 防衛大学校を卒業後、航空自衛隊に入隊し、様々な配置を経験しました。

○2005年4月~9月  

航空自衛隊幹部候補生学校入校しました。生活自体は防衛大学校の延長でしたが、とにかく、航空自衛官として必要な知識や幹部自衛官として必要なスキルを身に着け…

地方公務員(事務)経験談

公務員退職から25年。公務員退職者のその後を長期で考えてみよう。

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの独立・起業

取材エリア

関東

お名前

豊田一実 様

経歴

中央大学法学部法律学科卒業
1981年 茨城県庁上級職(事務)にて入庁
 本庁農林水産部、福祉事務所、土木部に勤務
1987年 6年間勤務後退職、機械販売会社に転職
2006年 代表取締役に就任
公務員を辞められて25年が経過された前田様のインタビューです。公務員プラスのインタビューのうち、最も退職からの年月が経過された方になると思いますので、インタビューをぜひお読みください。


―本日はどうぞよろしくお願いいたします。まず、公務員時代のお話からお聞かせいただけますでしょうか。

国際社会がまだ冷戦構造にあった大学時代、私は政治や外交そして歴史に興味と関心を持ちそれらに関連した本を読みながら自分の将来に思いを馳せる生活を送っていました。

国際法を専攻していたこ…

国家公務員(事務)経験談

「公務員からの転職はオワコン?」公務員プラス(前名称、役人廃業.com)の初代管理人様からの寄稿文

カテゴリ

国家公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職 / 退職・その他情報

取材エリア

関東

お名前

山本直治 様

経歴

国家公務員採用Ⅰ種試験に合格し文部省に採用後内閣官房副長官補室を経て退職。
退職後は、人材紹介会社に転職し、人材紹介コンサルタントとして活躍。
著書に「公務員、辞めたらどうする?」「人材コンサルタントに騙されるな!」(以上、PHP新書)「実は悲惨な公務員」(光文社新書)。
特別寄稿として、公務員プラス(前名称、役人廃業.com)の初代管理人、山本直治さんからいただきました寄稿文「公務員からの転職はオワコン?」です。


―公務員からの転職はオワンコ?

少し前、某新聞のエッセイ欄で、「“○○”って、もはやオワコン、いやそもそもオワコンって言葉自体がもはやオワコンかな」というような記事を読んだ。
御存知の方も多いかと思うが、オワコンとは、「終わったコンテンツ」、すなわちブームや話題のピークを過ぎ、下り坂にある、またはすでに廃れたコンテンツのことだ。…

法務関係のお悩み

弁護士業界の現状とは?

カテゴリ

法務関係の記事

第二の人生

退職・その他情報

取材エリア

地域関係なし

お名前

弁護士 宮内裕 様

経歴

平成10年 4月 大学卒業後、福岡県庁に行政職として入庁。
平成19年 3月 福岡県庁退職。
平成19年 4月 九州大学法科大学院に入学
平成22年 3月 同大学院修了
平成22年 9月 新司法試験合格
平成22年11月 最高裁判所新第64期司法修習生採用を経て1年間研修
平成23年12月 弁護士登録。
平成24年 1月 福岡県内の八坂法律事務所にて執務開始
公務員か転職や独立起業する際には様々な悩みがつきものです。そんな悩みを元福岡県職員で、現役弁護士の宮内さんのご協力を得て、アドバイスさせていただく公務員プラス法律相談です。

今回の悩みは「弁護士業界の現状について」に関するものです。

 

【ご相談内容】

お名前:カカオマメ 様

現在のお仕事:某県庁総合職

年齢:20代半ばの男性

相談内容:
はじめまして。宮内先生のように私も弁護士になり幅広く活躍したいと考えています。

法学部にいたことや、元々法律…

法務関係のお悩み

病気休職者への退職勧奨について

カテゴリ

法務関係の記事

第二の人生

退職・その他情報

取材エリア

地域関係なし

お名前

弁護士 宮内裕 様

経歴

平成10年 4月 大学卒業後、福岡県庁に行政職として入庁。
平成19年 3月 福岡県庁退職。
平成19年 4月 九州大学法科大学院に入学
平成22年 3月 同大学院修了
平成22年 9月 新司法試験合格
平成22年11月 最高裁判所新第64期司法修習生採用を経て1年間研修
平成23年12月 弁護士登録。
平成24年 1月 福岡県内の八坂法律事務所にて執務開始
公務員か転職や独立起業する際には様々な悩みがつきものです。そんな悩みを元福岡県職員で、現役弁護士の宮内さんのご協力を得て、アドバイスさせていただく公務員プラス法律相談です。

今回の悩みは「病気休職者への退職勧奨の是非について」に関するものです。

 

【ご相談内容】

お名前:ポークケチョプ 様

現在のお仕事:地方公務員行政職

年齢:20代後半の男性

相談内容:
はじめまして。現在うつ病の病気休職を開始して1年2ヶ月です。
2年までは病気休職で休…

法務関係のお悩み

公務員退職後、憲法22条職業選択の自由との関係について

カテゴリ

法務関係の記事

第二の人生

退職・その他情報

取材エリア

地域関係なし

お名前

弁護士 宮内裕 様

経歴

平成10年 4月 大学卒業後、福岡県庁に行政職として入庁。
平成19年 3月 福岡県庁退職。
平成19年 4月 九州大学法科大学院に入学
平成22年 3月 同大学院修了
平成22年 9月 新司法試験合格
平成22年11月 最高裁判所新第64期司法修習生採用を経て1年間研修
平成23年12月 弁護士登録。
平成24年 1月 福岡県内の八坂法律事務所にて執務開始
公務員か転職や独立起業する際には様々な悩みがつきものです。そんな悩みを元福岡県職員で、現役弁護士の宮内さんのご協力を得て、アドバイスさせていただく公務員プラス法律相談です。

今回の悩みは「退職後の職業選択の自由」に関するものです。

 

【ご相談内容】

お名前:モトミチ 様

現在のお仕事:国家公務員行政職

年齢:40代前半の男性

相談内容:
はじめまして。公務員の転職時の規制について教えていただけないでしょうか。
公務員が転職する際には、所属時と同じ…

法務関係のお悩み

退職したいのに上司が許可を出してくれない。これってどうなの?

カテゴリ

法務関係の記事

第二の人生

退職・その他情報

取材エリア

地域関係なし

お名前

弁護士 宮内裕 様

経歴

平成10年 4月 大学卒業後、福岡県庁に行政職として入庁。
平成19年 3月 福岡県庁退職。
平成19年 4月 九州大学法科大学院に入学
平成22年 3月 同大学院修了
平成22年 9月 新司法試験合格
平成22年11月 最高裁判所新第64期司法修習生採用を経て1年間研修
平成23年12月 弁護士登録。
平成24年 1月 福岡県内の八坂法律事務所にて執務開始
公務員か転職や独立起業する際には様々な悩みがつきものです。そんな悩みを元福岡県職員で、現役弁護士の宮内さんのご協力を得て、アドバイスさせていただく公務員プラス法律相談です。

今回の悩みはズバリ、「退職したいのに辞めさせてくれない」です。

 

【ご相談内容】

お名前:nao_ko 様

現在のお仕事:地方公務員事務職

年齢:20代半ばの女性

相談内容:
以前から音楽業界で働きたいという夢があり、今ならまだ退職できるかもということで今年夏で退職しようと考えてい…

法務関係のお悩み

公務員が在職中に週末起業などを行うのは法的問題として大丈夫?

カテゴリ

法務関係の記事

第二の人生

退職・その他情報

取材エリア

地域関係なし

お名前

弁護士 宮内裕 様

経歴

平成10年 4月 大学卒業後、福岡県庁に行政職として入庁。
平成19年 3月 福岡県庁退職。
平成19年 4月 九州大学法科大学院に入学
平成22年 3月 同大学院修了
平成22年 9月 新司法試験合格
平成22年11月 最高裁判所新第64期司法修習生採用を経て1年間研修
平成23年12月 弁護士登録。
平成24年 1月 福岡県内の八坂法律事務所にて執務開始
公務員か転職や独立起業する際には様々な悩みがつきものです。そんな悩みを元福岡県職員で、現役弁護士の宮内さんのご協力を得て、アドバイスさせていただく公務員プラス法律相談です。

今回の悩みはズバリ、「公務員が在職中に週末起業などを行うのは法的問題として大丈夫かどうか」です。

 

【ご相談内容】

お名前:中矢マキ(仮名) 様

現在のお仕事:警察官

年齢:30代前半の男性

相談内容:
以前から独立開業に興味を持っている警察官です。今の仕事に不満はあまりあり…

地方公務員(事務)経験談

市役所職員から弁護士へ。公務員を辞めることは一つのギャンブル。

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの独立・起業

取材エリア

関東

お名前

本田洋一郎 様(仮名)

経歴

平成14年 大学卒業(私大の文系夜間部)
平成14年 市役所(政令指定都市)入庁(事務職) 下水道局に配属
平成18年 市役所 退職
平成18年 法科大学院 入学
平成21年 法科大学院 修了
平成21年 司法試験合格
平成22年 司法修習修了、弁護士登録、法律事務所に勤務
平成25年 法律事務所退職、開業
政令指定都市職員から弁護士に転身された本田さんのインタビューです。公務員を辞めることのリスクなどを語っていただきました。


―本日はどうぞよろしくお願いいたします。まず、公務員時代のお話からお聞かせいただけますでしょうか。

地元の市役所に事務職で採用され、下水道局の総務課の経理係に配属され、4年間いました。
4年間というのは若干長いかもしれません。
係は私を含めて3人しかおらず、私が在籍している間に直属の係長が2回異動しました。

係としては経理なので、予算決算や契約…

[1]  < 前の10件  1  2  3  4  5   次の10件 >  [14]